知らせ

お知らせの詳細です

Information

理解する...

理解するということ

理解するの本質

物事を理解する、ということは、起きている事象であれば、その背景や原因が分かり、結果の予測もある程度分かる、というレベルなのでしょう。

理解と向き合う

理解せずに、業務や仕事に取り組めば、あとで帳尻が合わなくなり、結局二度手間になります。では、どうしたら理解することができるのか、です。たとえば、上司から「この案件はこうしておいてください」と指示された場合、この案件の内容はもちろん、そこに至る経緯や関わった人々の特徴や時には感情までも把握し、こうしてください、の「こうして」についてその方法を具体的かつ的確に考えることができて、上司の指示を理解した、となります。

そこに、自分の思い込みや、理解していない部分を曖昧にしたまま、方法だけを駆使すると、ほとんどの場合良い結果を得ることができません。自分のイメージと他者のイメージとは同じにはなりにくいことも知ったおく必要があるのでしょう。

確認と質問力

理解する、ということの本質の裏には、知識量や経験値の影響を受けやすいので、しっかりと理解するためには、受け手側の確認と質問力が重要なのかもしれませんね。

メールアドレスが公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です。