知らせ

お知らせの詳細です

Information

年金をいつからもらったらいいか分からない...

今の年金制度が持続可能なことは確かです。制度の根本は「賦課制度」といって、今働いている現役世代が年金をもらう高齢世代を支えるという仕組みです。ですから、現役世代が減って払う保険料が減れば、もらう年金額が一緒に減るだけなので、100年続くと言うことは正しい訳です。

年金制度は持続可能?

でも、自分が現役世代の時に払った分より貰える額が少なくなることもありますので、続くけど、将来いくらになるかは分からないということで、悩ましいですね。

あと、今の年金制度には、繰り上げと繰り下げというものがあります。65歳を支給開始の基準とすると、その前にもらうのを繰り上げ、後にもらうのを繰り下げと言います。繰り上げる場合は早くもらう分、1カ月につき0.4%または0.5%減額、繰り下げる場合は遅くもらう分、1カ月につき0.7%増額(75歳0カ月まで繰り下げると84%増額)となります。なら、繰り下げた方がいいじゃないか、たくさんもらえるから、となりますが、これもまた自分で決めることができるのですが、最大の悩みは自分がいつ死ぬのか分からないことです。

いつもらえばいい?

繰り上げて早くもらっても長く生きれば、苦しい。繰り下げて遅くもらっても、すぐに死んじゃったらすごく損した、みたいな感じになります。だから、多くの方は65歳から給付を受けるのだと思います。

お金だけでない〇〇によって救われる?

未来の分からないことを前提とした自己決定は、自己決定と言えるかは別として、さぁこれから年金をもらう退職前の世代の皆さんは、自分の健康状態と相談して悩むしかない、というのが答えかもしれませんね。ただ、お金と健康以外に幸せや生きがい、友達といった他にも大切にできるものがあれば、少しだけですが救われるかもしれませんね!(^^)!。

  1. アラ還です。
    年金をいつから受給するかって深く考えてっことなかったです。繰り上げはなくて、65歳受給開始かな程度です。
    いつから受給するかは仰る通り、自分の健康状態とも相談ですが、退職後の生きがいや友達関係によって健康状態も大きく変わると思っています。
    よんくるが退職前後世代の方々への居場所づくりの手伝いをされるとのこと、期待しています。

  2. コメントありがとうございます。
    人間って、その時その瞬間に向き合わないと、中々深く考えられないのかな~と思います。物価が上がります、と言われて、スーパーで実際に買物をして、前は200円だったものが300円になっているのを見て、あ-これから生活苦しくなるな、って思います。年金定期便で、実際の給付額は分かってはいるれけど、いつからか必ず世帯収入は下がる訳ですし、ボーナスが今まである方は、なくなってしまうので、早めに生活のダウンサイズをしておこう、と考えるのですが、これも中々できないんですよね。

メールアドレスが公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です。